ここがポイント!消費者金融での即日融資

即日融資を受けるためには、失敗して申込をし直す時間的余裕はそうありません。
できればその一回で融資を受けられるようにするために、消費者金融での即日融資を受けるにはどういった点に注意が必要なのでしょうか?

 

何が必要?提出書類

まず審査を受けるのには提出書類が必要となります。
基本的に消費者金融で必要となる提出書類は『本人確認書類』です。

 

本人確認書類には以下のようなものがあげられます。

 

【本人確認書類(写し)】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書 など

 

本人確認書類では運転免許証や健康保険証を選ぶ方がほとんどかと思いますが、これらはお財布に常に入っていることも多いものですのでその場合あらためて用意する必要がありません。
即日融資の際に困るのは、収入証明書です。

 

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 市民税・住民税決定通知書
  • 給与明細書 など

 

このように収入証明書は、例えば会社にいるとき、外出中などすぐに用意できるものではない書類が多いです。
収入証明書は消費者金融の場合、総量規制により以下のような場合に提出を求められます。

 

  • 50万円をこえるような借入の場合
  • 複数の貸金業者からの借入の総額が100万円を超えるような借入の場合

 

すぐに収入証明書が用意できない状況で消費者金融で即日融資を受けたいのであれば、この限度額を超えないような借入をしましょう。
そうすれば、収入証明書の提出なしで、本人確認書類だけで即日融資ができる可能性があります。

 

ただし、審査の結果次第ではこの条件に満たない場合でも収入証明書の提出が求められるケースもありますので注意しましょう。
また、複数借り入れがすでにある場合は即日融資よりもおまとめローンを活用したほうが良いでしょう。
参考サイト:おまとめローン入門書@おすすめ銀行カードローン3社徹底比較

 

即日融資審査のポイントは?

審査に通るにはどうしたらいいのか、この審査内容、審査基準については各社公表していませんので何がどのくらいなら審査に通る、といった具体的なことはわかりません。
そのため、審査は受けてみなければ通るかどうかがわからないのです。

 

ただし、即日融資審査に通るためにできることはあります。

 

間違いや虚偽がないよう正確に申込書に記載する

なぜこれが即日融資のポイントなのか?といいますと、記載内容に間違いがありますと確認作業などにより時間がかかってしまいます。
それにより、本来なら早く終わったかもしれない審査が遅れてしまう可能性があるからです。

 

即日融資の申込ということは、急いでお金が必要で焦っている方も多いかもしれませんが、焦って間違えてしまっては逆に審査を遅くしてしまうかもしれません。
実際、申込書の記載間違いというのは非常に多いそうです。

 

急いでいるときほど慎重に手続きを進めましょう。
また、審査に通りたいからと言って年収を実際よりも多く書いたり借入件数を少なく書いたりなど虚偽記載はNGです。

 

嘘を書いてもあちらも審査のプロなわけですから、ほとんどの場合バレてしまいます。
カードローンというのは申込者の信用をもとにお金を貸すものです。

 

嘘をついていたということがバレてしまえば、審査の可否に影響する可能性がありますので絶対にしないよう注意してください。

 

同時に何社も申込をしない

どうしても今日中に審査に通りたいからと、数打てば当たる要領で同時に何社かに申込をする方もいらっしゃるようですが、これもNGです。
審査の際には必ず信用情報を確認します。

 

そしてローンの申込というのは、実は申込をしただけで信用情報に情報として載ってしまいます
同時に何社も申込をしますと、『申込ブラック』と呼ばれる状態となり、一定期間審査に通りにくい状況になってしまいます。

 

「短期間に何社も申込をしているということは、相当お金に困っているのかも」
と返済能力に疑問を持たれてしまうのです。

 

例えば、あなたが友人にお金を貸してと言われた場合、自分にだけ「お金を貸して」と言われるのと、同時に複数の人に「お金を貸して」と言われるの、どちらが信用できますか?と聞かれたとき、お金をきちんと返してくれそうなのは前者かな…?と思いますよね。

 

消費者金融など金融機関の審査でも、これと同じことが言えるのです。

 

希望借入額はできるだけ低くする

消費者金融で即日融資を受けるためには、収入証明書のことを抜きにしても50万円以下のできるだけ低い希望額にしておいたほうがいいです。
というのも、カードローンの審査というのは希望額が高くなればなるほど審査が厳しくなるからです。

 

さらに、高額な借入となってきますと、それなりに審査も慎重になり時間がかかります。
そうなりますと即日で借りられない可能性が高くなってきます。

 

即日融資を受けたいのであれば、希望借入額はできるだけ控えめにして申告しましょう。

 

申込のタイミングで違ってくるカードローン選び

即日融資で気をつけなければならない点、それは時間です。
即日融資は「即日融資可能」なカードローンを選べばどこでも即日融資を受けられるというわけではありません。

 

なかには午前中までに手続きが完了していなければ即日融資の手段がないところもあれば、夜遅くまで可能なところもあります。
つまり、申込のタイミングによって選ぶべきカードローンが違ってくるのです。

 

一般的に即日融資の融資方法は以下の二通りになります。

 

  • 振込による融資
  • ローンカードからのキャッシング

 

即日融資のカードローンといいますと、振込による融資のみというところは結構多いです。
振込融資となりますと、ネットで申し込みをすれば来店不要で手続きが完了しますし普段仕事で忙しい方にもとても便利ですよね。

 

しかし、銀行の振込業務は銀行の営業時間内、つまり平日15時までしか行われません。
そのためこれを過ぎてしまいますと翌営業日の振込となってしまいます。

 

つまり振込融資のみのカードローンの場合には、申込みから審査、契約、そして銀行の振込手続きそのすべてが15時までに完了していなければならないのです。

 

対してローンカードからのキャッシングは、ローンカードさえ手に入ればあとは24時間コンビニなどの提携ATMからいつでもお金を引き出すことが可能です。
ローンカードは一般的には郵送手配になりますので手元に届くのに時間がかかるものですが、大手の消費者金融など一部のカードローンでは自動契約機で即日発行が可能です。

 

自動契約機の営業時間は各会社や設置場所などによっても違いがありますが、長いところでは22時まで営業しています。
どの即日融資カードローンを選べば自分がその日中にお金を借りることができるのか、申込のタイミングにより選べるカードローンが違ってきますので注意しましょう。

 

【即日融資方法1】銀行営業時間内での当日振込

当日振込を希望する場合には、基本的に銀行の営業時間内で振込手続きをしてもらえなければその日中にお金を借りることができなくなってしまいます。
カードローンによっては、独自にタイムリミットを設けているところもいくつかあります。

 

【プロミス】平日14時までのWEB契約完了で当日振込も可能
【アコム】平日14時までの必要書類の提出とアコム側の確認で当日振込可能
【モビット】14:50までの振込手続き完了で当日振込可能

 

注意しなくてはならないのは審査時間です。
大手の消費者金融では、審査時間を最短30分としていますが、審査の混雑状況やまた申込内容などによっては審査に時間がかかることも考えられます。

 

あまりぎりぎりに申込をしてしまいますと審査に思ったよりも時間がかかり、当日振込の期限に間に合わなくなってしまう可能性も充分考えられますので注意してください。

 

【即日融資方法2】自動契約機でのローンカード発行

自動契約機でのローンカード発行は、大手の消費者金融などで可能です。
営業時間は各社・設置場所ごとで違いがありますが、当日振込可能な時間が過ぎてしまった場合や、また土日祝日でも可能です。

 

ローンカードの発行には本人確認書類など必要書類がありますので事前に用意しておきましょう。

 

自動契約機では申込からローンカード発行まで一連の手続きをすることも可能ですが、そうなりますと審査の時間を契約機のなかで待つことになってしまいます。
審査にどのくらいの時間がかかるかはわかりませんから、事前にインターネットから申込を済ませておくとスムーズに即日融資を受けることができます

 

【即日融資方法3】銀行営業時間外の当日振込が可能な場合

通常ですと銀行営業時間内でしかできない振込業務ですが、特定の銀行口座を持っていれば時間外でも振込融資が可能になるというサービスを提供しているカードローンもあります。
お手持ちの銀行口座が該当する場合には、こちらを利用するのもいいでしょう。

 

プロミス

三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒で振込が可能な「瞬フリ」サービスの利用が可能です。

 

アコム

楽天銀行に口座をお持ちなら24時間最短1分で振込み完了です。
また、はじめて借入される方に限り、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行口座への振込を希望する場合には振込実施時間の延長をしています。

 

時間は平日18時までの受付で振込実施時間は当日19時までです。
こちらは土日祝日は対象外となります。

 

申込はできるだけ早く

即日融資の最大のポイントは、とにかく「時間」です。
出来るだけ早くに申込を済ませましょう。

 

申込はやはりインターネットからの申込が一番早いのではないでしょうか。
ネット申込は24時間365日受付していますから、夜のうちに申込を済ませることもできますし、またお昼や休憩時間などを利用してスマートフォンから手軽に手続きすることもできます。

 

いつでもどこでも、好きなタイミングで申込ができるのです。

更新履歴