消費者金融の限度額

カードローンの限度額といいますと、『最高500万円』ですとかかなり高額な融資ができるイメージがありますが、こうして表示されているのはあくまでもそのカードローンでの最大値の限度額というだけであり、自分がそのカードローンに申込をしたからといってその金額まで借りられるというわけではありません。

 

むしろほとんどの方がその限度額までは借りることができないでしょう。
消費者金融での借入限度額は、二つの要因によって決まってきます。

 

総量規制

消費者金融での借入には、総量規制の影響があります。
総量規制では個人の借入総額は年収の3分の1までという制限がありますのでそれを超えた借入は除外・例外貸付などのケースをのぞき原則消費者金融ではできません。

 

つまり、『最高800万円』などと高額融資が可能なカードローンであっても、消費者金融の場合には法律により自分の年収の3分の1以上は借りられないのです。
年収が450万円の方が最高500万円の消費者金融のカードローンを利用しても、自分の年収の3分の1である150万円までしか借りられない、ということなのです。

 

審査

さらに具体的な利用限度額については、審査によって決定されます。
審査では年齢や勤務先、勤続年数などさまざまな項目から貸付可能な額を導きだします。

 

しかし、カードローンというのは無担保・保証人なしで本人の信用をもとにお金を貸すサービスです。
そのため、信用の元となる返済実績など取引が何もない新規での契約の場合には、一般的に多くても50万円程度の利用限度額までというケースがほとんどだといいます。

 

上記の二つの要因によって決定が下された限度額ですが、一度決まった限度額は変えられないわけではありません。
利用状況によっては後に増額してもらうことも可能です。

 

ただし、増額はすぐにはいきません。
増額するに値する利用実績、信用がなければ今よりも多い限度額をもらうことはできません。

 

基本的には半年程度、借入をしてしっかり返済し続けた実績があれば信用度合いも上がってきますので、半年過ぎたあたりで増額の申込をして審査に通れば限度額を上げてもらうことができます。

 

ただしその間に返済の遅れがあったり、また他社からの借入が増えていたりなどといったことがありますと審査に大きく影響しますので、増額を考えているという方は特に期間中の利用には注意しましょう。