なぜ可能?無利息サービス

ぜひとも利用したいカードローンのサービスの一つに、無利息期間のサービスがあります。
30日間など決められた期間内でしたら利息がかからずにお金を借りられるというものです。

 

しかし、なぜこうしたサービスが可能なのでしょうか?
消費者金融などカードローンのサービスでは、お金を貸すことで利息を得て、その利息収入によって商売をしています。

 

無利息期間内で返済されてしまえば当然のことながら利息収入は0円になってしまいます。
儲けが出ない無利息サービスはなぜ可能なのでしょうか?

 

金融機関側もボランティアではありませんから、メリットもないのにこうしたサービスをしたりはしません。
確かに無利息期間を過ぎれば通常の利息が発生しますが、それでも最初の30日間の無利息は利息収入は発生しないわけです。

 

では、無利息期間にどういったメリットが金融機関側にあるのか?といいますと、それは『新規顧客の獲得』です。

 

カードローン業界では各社間で顧客獲得競争が激化しています。
無利息であれば今までお金を借りるということに抵抗があった方でも借りやすくなりますし、それで便利だと感じた方が次に利用する可能性も高くなります。

 

リピーターの多いカードローン業界において、新規顧客獲得は最初の利益を度外視しても力を入れたい部分なのです。

 

カードローンというのは、金利が低いほうが人気があります。
消費者金融と銀行カードローンとで並べたときに、やはり金利が低い銀行カードローンのほうへお客は流れて行ってしまいます。

 

無利息サービスはそうした低金利のカードローンに対抗する手段であり、同時に同業他社との差別化を図ったサービスなのです。